ごあいさつ

新元号となり初めての六華の同窓会を南36期、46期、56期からなる幹事期で、開催させていただきます。
テーマは「六華全書 ~第二章~」です。
「六華全書」は、南36期が2011年の六華同窓会に掲げたテーマです。この年、札幌に結集した同窓は、同窓会後の「第二章」において、それぞれの歩みつつ、さまざまな交流を重ねてきました。諸先輩方のご指導を仰ぎながら、心強い後輩達と共に、今回は東京の地で再び結集し、皆様をお迎えしたいと思います。
「六華全書」の言葉には二つの視点があると考えています。
一つは、六華同窓生それぞれの輝きをもった「個性」あるページからなる「全書」であり、全てが「六華」の縁で結ばれている事です。
もう一つは、「六華」の歴史そのものであり、過去から積み重ねてきた大切な記録であり、未来につなげていく終わりのない「全書」である事です。
現在の「六華」を生きる同窓の皆様に、懇親会に足を運んでいただき、「六華」の縁を体感し、広く懇親を深め、「全書」の1ページに記録いただきたいと願います。
実行委員一同、皆様とお会いできることを心よりお待ちしております。
2019年東京六華同窓会総会・懇親会 実行委員長
伊藤 英樹(南36期)